NFCアンテナ設計・共振調整・解析&センサ搭載無線モジュール開発

京都府京都市下京区中堂寺粟田町93
京都リサーチパーク4号館5F
Tel : 075-874-5597

電磁誘導,誘導起電力

 ここでは、半径aのコイル1と半径bのコイル2が同じ中心軸上に距離zだけ離れて互いに平行に置かれており、 コイル1に交流電流I1を流したときにコイル2に発生する誘導起電力V2を求めます。

電磁誘導



コイル1:半径 a の円形コイル
コイル2:半径 b の円形コイル






コイル1の中心軸上の距離zの磁界強度をH1とすると、(1)式で表されます。
誘導起電力

コイル1の磁界強度H1が、コイル2に一様に鎖交しているとすると、コイル2に誘導起電力V2が発生します。
誘導起電力

ここで、コイル1に流れる電流をI1とすると、
誘導起電力
誘導起電力

となり、誘導起電力V2は、(5)式で表されます。

誘導起電力

また、相互インダクタンスM21は、(6)式で定義されるので、
誘導起電力

誘導起電力

したがって、誘導起電力V2は、相互インダクタンスM21を用いて表すと(8)式のようになります。

誘導起電力

2015.10.22


▲このページのトップへ戻る